1番安いのはどこ?新宿の英会話スクールを徹底比較

新宿で最安の英会話スクールを覗いてみる 今すぐClick!

モチベーションを継続させるコツ

英語を学ぶうえで、モチベーションを上げて取り組まなければ、勉強し続けるのは難しいのではないでしょうか?ここでは、モチベーションの上げ方や保ち方、またモチベーションが下がってしまった場合の対処法などをご紹介。また、血液型別にモチベーションの上げ方の違いについてもまとめています。勉強がなかなか続かないとお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。

【血液型別】モチベーションの特徴をチェック!

血液型ごとにモチベーションの特徴の違いをまとめました。あなたは何個当てはまるでしょうか?モチベーションあるあるをチェックしてみましょう。

A型

  • 一度勉強すると決めたらとことんやる
  • 中途半端が嫌いなので、毎回欠かさず英会話教室に通う
  • 英会話教室に通おうと思うまでが長い
  • 責任感が強く、決められたルールは守る
  • 講師にほめられるともっと頑張ろうと思える

B型

  • 講師におだてられると更に期待に応えようとする
  • 勉強法にこだわりを持ち始めると止まらない
  • 周りの学習ペースに合わせることをしない
  • ルールに縛られたくない
  • 休みの日にクラスメイトに合うと気付かれないように逃げる

O型

  • 講師にほめられると異常にやる気が出る
  • いったん勉強に夢中になると集中力がすごい
  • グループの人の間違いやクセに気付くのが得意
  • 負けず嫌いなので、周りに置いていかれないように勉強する
  • ダメ出しされることが嫌いで、予習復習は欠かさない

AB型

  • 英会話に本気で取り組めば誰にも負けない自信がある
  • グループ学習よりも少人数で行なう勉強を好む
  • 周りに共有することを面倒だと感じている
  • 几帳面な性格で勉強にも真面目に取り組む
  • クラスメイトとのコミュニケーションを大事にする

モチベーションを維持するためには

英会話の勉強を継続させるためには、モチベーションの維持が重要になってきます。モチベーションを上げる・保つためのコツや方法をご紹介していますので、自分に合った効果的な方法を見つけてみてください。

(1)やらなきゃいけない状況を作り出す

「英語を勉強しなければいけない」という状況に自分を追い込むことです。「3ヶ月先に海外旅行に行くので、それまでの英語を話せるようにならなければならない」「1年後に海外出張へ希望を出すために、英語を話せるようになる」など、具体的にいつまでに英語ができるようにならなければならないのか、目標を立てるとよいでしょう。今やらなければいけないと、危機感をもっと取り組むことによって継続して英語を学ぶことができます。

(2)外国人の友達をつくる

外国人の友達をつくることで、英語じゃないとコミュニケーションがとれない状況がつくれます。さらに、仲良くなりたいという思いから、自分から積極的に話しかけたり英語を話すことに対する苦手意識をなくすきっかけになるかもしれません。身近で毎日英語に触れる機会がふえ、自然と英語力が向上するでしょう。

(3)英語がしゃべれるようになる自分を想像する

何年たっても英語がしゃべれないままの自分と、英語がペラペラしゃべれる自分とではどちらが魅力的なのかを考えてみましょう。英語ができるようになったとき、仕事においてスキルアップができたり、海外旅行では彼氏・彼女から一目置かれるようになるかもしれません。英語が話せるようになったときのメリットを考え、やる気をアップさせるきっかけをつかむのも一つの方法です。

(4)定期的に自分の成長度をチェックする

今の自分の実力を試すには、定期的に英検やTOEICなどの試験を受けるのがおすすめです。結果やスコアで成長を客観的に見ると、現在の伸びしろを把握することができます。また「次の試験までにはここを完璧に覚えよう」「この問題集の音読をやろう」など、具体的な勉強に対する目標を立てることも可能。将来を考えるとやはり資格は重要ですし、受けておいて損はありません。実用性の高い試験で自分の実力を試せるので、今後のやる気アップや成長にも必然と繋がるのではないでしょうか。

(5)やる気がないときはやらない

やる気がないときは無理にやる必要はありません。疲れていたり、勉強する気分じゃなかったりするとなかなか英語が頭に入ってこないでしょう。そういうときは、勉強道具をしまって外に遊びに行くのも一つの方法です。リフレッシュしたら「さぁ、勉強しよう!」と思えるはず。やる気のないときに時間をかけてだらだら勉強をするより、やる気のあるときに短時間で集中するほうが効率的です。やる気があるときとないときの勉強に対するメリハリをつけることも重要だといえます。